たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  武蔵野市 武蔵野市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

2017年03月06日

チャレンジキッチン「MIDOLINO」に行ってきました

武蔵野市の緑町に、
3月3日にオープンしたチャレンジキッチン「MIDOLINO」に訪問してきました。

http://midolino.tokyo/




MIDOLINOには、7つのキッチンがあり、
1日から「お試し起業」が出来るようになっており、
さらには、ジャムやふりかけ、そして総菜なども作ることが出来る為、
既に店舗を持っている人が、ビジネスの幅を広げることも出来ます。





そんなMIDOLINOを手掛けたのは、
吉祥寺の中道商店街エリアにあるカフェ&レストラン、
taihibanの役員でもある舟木公一郎さん。

舟木さんは、大学で開発経済学を学び、
音楽関係の仕事に就いたあと、
色々な御縁があって、保育園の運営やデザインの仕事などをしながら、
数年前からtaihibanも手伝い、
最近では、福生の方で「山」を買って・・・etcというユニークな経歴の持ち主。

傍から見ると、一貫性が無いように見えますが、
その軸となっているのは、
今の「資本主義的な考え方(お金が無いと生きていけない)」ということに違和感を感じ、
少ない御金でも、いかに豊かに生きるかということを模索・実行しているとのこと。

最近、ちまたで「シェアキッチン」が増えてきているものの、
7つのキッチンがあり、総菜・ふりかけ・ジャムなども作れる場所は無く、
おそらく日本初の試みです。

『緑町のグリーンパーク商店街』

決して人通りが多いエリアでは無いものの、
だからこそ、MIDOLINOが起こすソーシャルインパクトは分かりやすいものになると思いますので、
今後が楽しみです(^^♪